学校が9月始まりのメリット&デメリットを解説!あなたは賛成・反対?

9月入学 暮らし

コロナによる影響でリモートワークやリモート授業など、依然続いていますね。

諸外国では規制を緩和した途端に、また感染者数がぶり返し、この無限ループいつまで続くの…?とうんざりする日々です。

日本も多くの都道府県で緊急事態宣言の解除前倒しになりそうな雰囲気ですが、果たして本当に大丈夫なのでしょうか…

 

そんな中、学校を9月スタートにしちゃえばいいんじゃね?案が浮上しております。

パッと聞いた感じ、「おお、海外の多くの学校と揃うし、グローバルスタンダードな感じでいいんじゃない?」と思ったのですが、実際そう簡単に出来る話でもなさそう。

今回は日本の学校が9月スタートになった場合のメリット&デメリットを簡単にまとめてみたいと思います。

 

あなたは賛成派?それとも反対派?

 

スポンサードリンク

 

学校が9月始まりの場合のメリット&デメリットとは

日本の学校が4月始まりから9月始まりになった場合、どんな良いことがあるのか、反対にどんな弊害が出てくるのか気になりますよね。

サクッとまとめてみました。

 

9月始まりのメリットは?

1.改めて一斉スタートを切れる

本来であれば4月から学校は始まっているわけですが、オンライン授業を実施している学校もあればそうでない学校もあり、また緊急事態宣言が敷かれるタイミングにもバラつきがあったため、学校差・地域差が出てしまっています。

更に緊急事態宣言が解除或いは緩和される際にも、再度地域差が生まれる可能性があります。

そこで、この出来てしまった差を回避するために、改めて9月から一斉開始にすれば、横並びで一緒にスタートできるじゃん!というわけですね。

 

2.留学しやすくなる

ご存知の通り、欧米諸国では9月始まりの学年暦がスタンダードとなっています。

日本からの留学先としても人気の英語圏に合わせることにより、より留学がしやすい環境になると言えます。

多くの大学生が留学をしない理由に「日本と学年暦が合わないため単位取得が難しく、留年の可能性がある」ということを挙げています。

また、海外からの学生の受け入れもよりしやすくなり、日本における国際交流が更に活発化するというメリットもあります。

 

3.受験シーズンのトラブルが減る

受験シーズンのピークと言えば、1~3月のとても寒い時期です。

この時期は、大雪で交通網に影響が出たり、インフルエンザが猛威を振るったりと、何年もかけてこの日のために頑張ってきた受験生にとっては気が気でない日々を過ごさねばなりません。

それが、初夏になれば、学校側も受験生側も突発的なトラブルに見舞われることが減ると予想されます。

 

9月始まりのデメリットは?

1.予算や手続きの見直し

多くの学校は毎年4月~翌年3月までを1つの年度として予算を組んでいます。

これが9月開始となると、予算の見直しは必須となり、年度の定義も変更となるため、様々な諸手続きの調整が必要となり、簡単に「はい、9月始まりね!」と言われても、今から動いたところで2020年9月は到底間に合う話ではないでしょう。

仮に2021年9月始まりだとしても、今はテレワークで業務が縮小されているところが多い上に、先に処理すべき課題が山積みになっているため、約1年で調整するのは非常に難しいと感じます。

 

2.採用活動への影響

多くの日本企業も同じく、毎年4月入社を前提とし、採用スケジュールを決めています。

こちらも採用活動や新入社員研修などの予算も年度で計算しているため、全ての見直しが必要なります。

 

3.家計負担が増える

2020年9月始まりになると仮定すれば、卒業も約半年遅れるということ。

となると、学費もその分、余分に支払わなければならない可能性が出てきます

また、子供の扶養期間も半年延びることになります。

特に実家から離れた学校へ入学し、下宿しているお子さんの家賃や生活費を仕送りしている親御さんにとって、この半年の延長はかなりの負担になると考えれます。

 

こうやってみると、やはり今すぐ「9月入学・始業式で仕切り直しだ!」と言われたところで、到底対処できるものではないような気がします。

特にお金(予算の見直しや家計負担)への影響は相当たるものと予想されます。

この影響により発生する費用にはもちろん我々国民の税金が使われるわけです。

国や地方自治体を巻き込んだ、このような大きな改革は数年かけて行わないと現実的ではないと思われます。

 

スポンサードリンク

 

9月入学をどう思う?

さて、メリット・デメリットを大体把握した上で、世間のみなさんはどのような意見をお持ちか見てみましょう。

 

賛成派

反対派

 

現在Twitterでは、主に9月入学による影響をダイレクトに受ける層である学生さん(特に受験生)と、未就学児を持つ親御さんたちを中心に賛成派・反対派の議論が白熱していました。

読売新聞社による世論調査では54%が「賛成」だという結果が出たとヤフーニュースで出ていましたが、実際パッと見た感じでは反対派の意見がよく出ている印象を受けました。

メディアではなかなか反対派の意見が紹介されない分、SNSでの発信に力を入れていらっしゃるようです。

 

まとめ

9月開始のメリット・デメリット、そしてそれに賛成する人・反対する人の意見をまとめてみました。

この9月スタートの話が、2020年なのか2021年なのか2022年なのか不透明な故に、余計に話がこじれて議論も白熱している気がします。

 

でも、今年の9月入学にするのだけは、まず無理でしょう。

後、3ヵ月程度でコロナが終息するとは思えないし、仮に終息したとしても、そこから疲弊した日本を元の状態に戻すまでまた時間がかかるでしょう。

そこに新規制度を導入するとなれば、日本中が混乱の渦に巻き込まれること待ったなし!

仕事もしっちゃかめっちゃかになり、今度は疲労とストレスで倒れる人が増えそうです。。。

 

満場一致で全国民が納得のいく結果を生むのは難しいでしょうが、コロナで疲れ切った国民を更に振り回すようなことだけはして欲しくないですね…

 

タイトルとURLをコピーしました