名古屋ウィメンズマラソンの賞金はいくら?制限時間もあるの?

名古屋ウィメンズマラソン スポーツ

マラソン女子なら一度は出てみたい「名古屋ウィメンズマラソン2022」が3月13日(金)に開催されます。

なぜにこんなに女子に人気かというと、完走すると「おもてなしタキシード隊」とかいうイケメン軍団からティファニーのペンダントをプレゼントされるという特典つきだからです(笑)

要はご褒美付きのマラソンなんですねー。

もちろん、JMCシリーズやMGCチャレンジなどを兼ねたちゃんとした大会なので、実業団選手も参加されます。

今回は女性市民ランナーの人気の同大会について、賞金はあるのか?制限時間は設けられているのか?完走できなかった人はいるのか?など、ご紹介していきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

名古屋ウィメンズ マラソンに賞金はあるの?

先ほど、完走すればティファニーのペンダントが貰えますよ~とお伝えしましたが、それ以外にも賞金設定はあるのか気になりますよね。

総合1位の選手には250,000ドルが贈呈されます。

それ以降の選手も成績によって別途定められています(金額は非公開)。

 

日本では賞金の出るレースって他に東京マラソンくらいなので、名古屋ウィメンズもその点では貴重なレースとも言えるわけですが、今後更なる国内のマラソン活性化と選手強化のためには、賞金ありのレースを増やしていく必要がありそうです。

海外メディアからも過去に「日本記録出したのに、賞金出ないの⁉」みたいな声あったみたいですしね。

 

厳密に言うと、日本実業団陸上連合が、2015年7月~2020年3月の間に日本記録を出した選手に1億円の報奨金を贈呈する取り組みがあったのですが(こちら)、2018年に設楽悠太選手と大迫傑選手、2020年に大迫選手が再度記録更新で報奨金を受け取り、その後資金枯渇により、同取り組みは終わったそうで…

なので、記憶に新しい2021年2月末のびわ湖毎日マラソンで日本記録を更新した鈴木健吾選手にはノー報酬だったんですよね。

日本はいつでもどこでも資金繰りが問題になっている気がしますね^^;

 

スポンサードリンク

 

名古屋ウィメンズ マラソンに制限時間はある?

もちろん、制限時間の設定はあります!いつまでも公道を封鎖するわけにはいきませんしね。

具体的な制限時間は7時間です。

これはエリートの部(参加資格2時間50分以内)も一般の部(参加資格6時間30分以内)も同じです。

 

ちなみに7時間以内にゴールできるならどんなペースでもいいかというと、そんなことはなく、各関門を閉鎖時刻までに通過しなければなりません。

  • スタート(0.0km)→ 9:40
  • 名古屋市博物館(6.0km)→ 10:30
  • 妙音通4交差点(10.4km)→ 11:55
  • 大久手交差点(15.7km)→ 12:35
  • 若宮北交差点(21.5km)→ 12:52
  • 丸の内中学校(26.2km)→ 13:37
  • 秩父通交差点(29.9km)→ 14:11
  • 中日新聞社(35.0km)→ 14:59
  • 桜通車道交差点(38.6km)→ 15:32
  • ドーム駐車場入口(41.7km)→ 16:05
  • フィニッシュ(42.195km)→ 16:10

なので、エリートの部の場合はまず問題ないと思いますが、一般の部の場合は、常に関門閉鎖とのプレッシャーと戦いながら走らないといけないわけですね。

 

名古屋ウィメンズマラソンで完走できなかったら?

上記各関門を閉鎖時刻までに通過できなかった場合は、そこで競技終了となります

まだ制限時間が残っているからといって、休んだ後に競技続行は認められません。

終了となった方は、歩道に上がって、係員の指示に従って次の閉鎖地点まで行って収容バスに乗るか、最後尾についている収容バスに乗って帰還となります。

「収容バス」って響きが・・・なんか、物悲しいですね^^;

 

もちろん完走できないとご褒美のティファニーも貰えません

参加者の意気込みを見ていると、「がんばって完走してイケメンからティファニー貰うんだ!」と言う方が結構いたので、ぜひ何としてでもゴールまでたどり着いて完走賞である証を持って帰って欲しいところ!

名古屋ウィメンズマラソンまとめ

なんとも豪華なご褒美付きの名古屋ウィメンズではありますが、実は関門が設けられていて、ホノルルマラソンのようにまったり~マイペースに楽しく~とはいかないレースとなっています。

でも、完走した方の感想を見ていると、ティファニーより、イケメンより、何よりその達成感と、人との繋がりを改めて噛みしめて喜んでいる方が多かったですね(*´ω`*)

 

マラソンって、始めるにはハードルが低くて、継続すれば誰でも長く走れるようになる、目に見えて成長がわかるスポーツなんですよね。

だからこそ、運動経験ゼロからスタートしたっていう人もよく聞きます。

これから、マラソンを始めてみようかなという女性の方。

ぜひ、名古屋ウィメンズ参加を一つの目標にしてみて下さい!

完走者の感想を見ていると、きっと参加したくなりますよ^^

 

タイトルとURLをコピーしました