バースデイの靴の口コミが気になる!イフミーやフォーマルもあるの?

バースデイの靴 ファッション

お子様が成長して、寝返りからハイハイ、つかまり立ちをするようになって、ついに歩き出した時、寝ているだけだった赤ちゃんの成長に感動しますよね。

そして、歩き出したら考え始めるのが『靴』ですよね。

歩き始めて一番最初に履くのがファーストシューズです。

そこからセカンドシューズ、スニーカーなどへ進んでいきます。

 

子供の成長は早く、靴のサイズアウトも早いので、買う機会も多いです。

また、足の形は人それぞれ違うので、お子様の足の成長や発達を妨げない靴選びも重要です。

そこで今回は、コスパ抜群かつ種類が豊富に揃うベビー用品専門店『バースデイ』の靴の口コミや種類についてご紹介していきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

バースデイの靴の口コミってどう?

バースデイの靴の口コミで多いのが「安い」という声です

定価で500円程のものもありますが、バースデイは割引されている商品が多く、3,000円程する靴が1,000円で買えた、もしくは、1,000円程の靴が300円で買えたというママさんもいらっしゃいます。

ただ、セール品で可愛いものを見つけても、欲しいサイズが売り切れていたという声もあるので、タイミング次第では手に入らないこともしばしば・・・。

 

また、「種類が豊富」という声もあります

バースデイのファッションや雑貨関係は、キャラクターとコラボしているものも多いです。

靴も例外ではないので、ディズニーやミッフィーちゃん、スヌーピーなど、キャラクターの靴も多く、可愛くてつい買ってしまったという声も。

種類が多ければ、お子様の足に合う靴もお気に入りの靴も探しやすいですね。

 

バースデイではお子様用のフォーマルファッションも取り扱っているので、お子様用のローファーやパンプスなど、フォーマルな靴の種類も豊富です。

フォーマルな靴はあまり履く機会がなく、すぐにサイズアウトしてしまうこともあるので、割引されることの多いバースデイで、少しでもお得にゲット出来たら嬉しいですね。

 

 

スポンサーリンク

バースデイの靴コーナーにイフミーはある?

種類が豊富なバースデイの靴売り場では、イフミーの靴も販売されています

14~18cmのサイズ展開で、お値段は2,790円(税別)です。

 

イフミーの靴は『子どもたちの健やかな成長を育む』をコンセプトに作られており、土踏まずのアーチ形成のサポート、快適性、着脱のしやすさなど、子供の成長を考えて作られているブランドです。

子どもの足は、10歳くらいまではまだ骨格がしっかりできておらず、変形しやすいと言われています。

合わない靴を履いていると、将来の足の骨格形成に影響を与える可能性があり、足に合った靴を履くことが大切です。

イフミーの靴は子供の足の成長を妨げす、快適に履けるということで、多くの保護者の支持を集めています。

 

バースデイでは通常のイフミーだけでなく、バースデイの独自ブランド“フタフタ”とコラボしている商品もあるんですよ^^

 

また、イフミーの商品は靴だけでなく、夏にはサンダル、冬にはブーツも販売されます。

更に、イフミーの上履きもあるので、お子様の毎日の生活に取り入れて成長をサポートすることが出来ます。

 

スポンサーリンク

バースデイの長靴のキッズ向けのラインナップは豊富?

バースデイではスニーカーなどの普段履きだけでなく、長靴のラインナップも豊富です

他店舗でも見るようなオーソドックスな長靴も販売されていますが、バースデイの独自ブランドfutafuta(フタフタ)、makepono(マケポノ)、conoco(コンコ)からもレイングッズが販売されており、カラーバリエーションも豊富で可愛いんです^^

 

futafutaのサイズ展開は14~23cmで、価格は1,190円(税別)がメインです。

履き口が絞れるタイプになると、ちょっとお値段が上がって1,390円(税別)となります。

 

そして、バースデイで売られている長靴はとにかくデザインが豊富です!

ディズニーやドラえもんなどのキャラクターはもちろん、花柄や乗り物がデザインされたもの、動物柄など、どれにしようか迷ってしまうくらいの種類があります。

デザインがお気に入りすぎて、晴れていても長靴で出掛ける子や、お店から履いて帰る子もいるんだとか。

ちなみに、キャラクターものは、13~18cmのサイズ展開でお値段は690円~1,190円(税別)となっています。

 

そして、大人だと長靴といえば雨の日に履くものですが、子供は雨の日に限らず、まだ水たまりが残っているときや、水遊びの時など出番が多いです。

なので、普段履きではないといえど、子供の足に合ったサイズを選ぶことが大切です。

私自身が子供の頃、雨上がりの水溜まりを見つけては泳いでいたと母から聞かされたので、子供にとって雨じゃなくても雨具は重要なのだと、自分が親になった今、ひしひしと感じています。

 

スポンサーリンク

バースデイの靴まとめ

自分の靴選びは履き心地が自分でわかるので選びやすいですが、子供の靴となると本人にしか履き心地が分からないので慎重になってしまいますよね。

私も子供のファーストシューズを選ぶとき、どのブランドが良いのか、サイズはあるのか、デザインは可愛いか、足に優しいかなど、ものすごく悩み、口コミを調べたり、先輩ママさんに聞いたりして、お気に入りの1足に出会えました。

お子様の靴選び、大変かとは思いますが、本人の好みに合ったお気に入りの1足が見つかるといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました