しまむらの喪服の口コミが気になる!メンズや小学生用もある?

しまむら喪服 ファッション

ご縁があった方が急な不幸にあった場合、気持ちの整理をしながらもやるべきことは沢山ありますよね。

戸惑いや悲しみで気が動転する方も多いでしょうが、そんな中でやるべきこととして欠かせないのが喪服の準備です。

 

色々なお店を回る気分になれない、そもそもゆっくり選ぶような時間がない。

そんな時に是非おすすめしたいのが「しまむら」です。

どちらかと言うとカジュアルなファッションを取り扱っているイメージのしまむらですが、実は喪服の取扱いもあるんです。

デパートなどの仰々しい喪服売り場と違って、気軽に商品を確認することが出来るので、気持ちが落ち込んでいる今は店員さんと話す気分になれない…と言う時も助かります。

 

では早速、しまむらの喪服についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

しまむらの喪服の口コミってどうなの?

しまむらで取り扱いがあるのはわかったけれど、実際プチプラの喪服ってどうなの?と不安になりますよね。

実際に、しまむらの喪服を着用して参列した方の意見を見てみると、もちろん高価な喪服と並べると黒の深さやデザインがやや見劣りするものの、色味も深い黒で生地の厚さも列席側なら十分と感じていらっしゃるようでした。

何より、ジャケット+ワンピースの2点セットで税込9,800円で購入可能なので、このお値段でこの品質は十分すぎるくらい!という意見も多かったです。

 

またサイズ展開が豊富で、7号~23号まであるので、着る機会の少ない喪服を久しぶりに着たらキツくて入らない!なんて時にも、買い替えやすい価格帯&サイズ展開なので、助かります。

季節やシーンによって羽織を変えられるジャケット+ワンピース+ボレロの3点セットでも税込12,800円としまむら安心価格は喪服でも健在です。

 

スポンサーリンク

しまむらの喪服にメンズはある?

残念ながら、しまむらにはメンズの喪服は取扱いがありません

レディースはブラックフォーマルの品数が豊富なだけに、メンズにも期待しちゃいますが、無いんですね…。

しかし、喪服と合わせる小物の取扱いはありますので、ご紹介しておきます。

  • フォーマル白無地ワイシャツ:税込2,900円〜
  • 黒ネクタイ(ネクタイピン付き):税込1,900円〜
  • 袱紗:税込979円〜
  • 数珠(巾着付き):税込979円〜
  • フォーマルハンカチ:税込380円〜

レディース喪服同様、小物も品質は十分で、ネクタイはこのお値段でなんとシルク100%!

更にネクタイピン付きでしまむらの本気を見ました。

 

もちろんレディース用小物も充実しています。

  • フォーマルバッグ:税込3,900円〜
  • トートバック:税込1,900円〜
  • ブラックパンプス:税込1,900円〜

本革使用のブラックパンプスも税込3,900円~から購入可能です。

また、遠方への出席だったり、お子さんがいる方ですと荷物が多くなりがちなので、喪服に合わせるトートバッグまで揃っている細やかさが、さすがしまむらですね。

フォーマルバッグだけだと荷物が入りきらない時、普段使いのトートバッグを持って行くわけにもいきませんものね。

 

スポンサーリンク

小学生用の喪服もしまむらで買える?

幼稚園や中学・高校ですと制服の学校に通っているお子さんが多いでしょうが、制服がない小学生は何を着れば良いの?と思いますよね。

制服がない場合、モノトーンやダークトーンの落ち着いた色味のフォーマルウェアが良いでしょう

 

男の子なら、しまむらのフォーマルスーツセットがおすすめ

ジャケット+パンツ(半ズボン)+シャツ+ネクタイ+チーフの5点セット(税込5,170円〜)で、なんと5,000円で小物まで一式揃ってしまいます。

サイズ展開は110cm〜130cmなので、大体低学年のお子さんくらいが対象になるかと思います。

 

中学年〜高学年のお子さんには、サイズが140cm〜170cmの同じくフォーマルスーツ5点セット(税込6,270円)もあります。

パンツが長ズボンに変更になっているのでグッと大人っぽい印象に。

 

女の子にはボレロ+ワンピースの2点セット(税込5,170円〜)があります。

中のワンピースは、半袖やノースリーブのタイプもあるので、季節によっては寒いかもしれません。

襟付きブラウスが1,000円台から揃っているので、ワンピースに合わせて購入しておくと安心です。

あと、意外と忘れがちなのが靴下です。

くるぶし丈・派手な色柄の靴下はNGなので、こちらも忘れずに確認を。

 

スポンサーリンク

しまむらの喪服まとめ

喪服を選ぶのは決して楽しい気持ちではありませんが、少しでも心の負担を減らせるよう自分に合ったお店探しが大切です。

特に家族全員分となると、売り場やフロアを右往左往する羽目になり、心だけでなく身体もヘトヘトなんてことも。

しまむらだけで喪服の準備が完結したら、短縮した時間の分だけ気持ちの整理に集中が出来ますよね。

もし必要な時がきたら、「そういえばしまむらには喪服もフォーマル小物もあるんだった!」と思い出して下さいね。

個人的には心に余裕のある平常時に準備しておくと、いざという時に慌てなくて良いと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました