太陽が丘のプールはいつから?料金は?子育てパスポートも使えるの?

太陽が丘のプール 引っ越し

今年は夏になるのが早すぎる!連日の猛暑で既に夏バテ気味の筆者です…

この暑さになると行きたくなるのがプールですよね!

ジムのプールやら市民プールやら色々ありますが、京都市南部の方や宇治市民の方と言えば、太陽が丘のファミリープールではないでしょうか?

私も子供の頃はよく連れていって貰ってました。

しかし、ここ数年はコロナの影響で開放されておらず、2022年はどうなるのか気になるところ。

早速調べて参りましたので、シェアしていきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

太陽が丘のプールはいつから?

2022年は予約制で、7月9日(土)から受付開始です

今年はついに開放されるんですね!やったー(*‘∀‘)

ちなみに開放期間は7月15日(金)~8月31日(水)となっています。

 

予約方法はスマホで、こちらに記載のQRコードを読み込み、新規会員登録をして、希望日時を選択する流れとなっています。

入場の際も、予約確定時に取得できるQRコードを見せる必要があるので、スマホをお忘れなく!

もちろん、紙にプリントアウトしたQRコードもでOKです。

 

なお、一度に予約できる人数は5人までで、クレジット決済が必要となりますので、お手元にご準備を。

入場の際のQRコード読み取り時に決済完了となります。

内容を変更したい場合は、一旦キャンセルをして、また一から入力し直しとなります。

 

 

スポンサーリンク

太陽が丘のプールの料金は?

太陽が丘のプールの料金は下記の通りです。

  • 大人:1,020円
  • 高校生:710円
  • 小・中学生:450円
  • 幼児(4歳以上):100円
    ※障害者割引あり(要証明書)
    ※2022年度は団体割引なし
  • コインロッカー:100円

造波プールやウォータースライダーなど、エンタメ性の高い施設でありながら、このお値段はお得ですね!

しかも今年は水上アトラクションもあるそうなので、お子さん喜ぶこと間違いなしですよ^^

 

スポンサーリンク

太陽が丘のプールは子育てパスポートは使えるの?

太陽が丘のプールは「きょうと子育て応援パスポートが使えます

パスポートを提示すると、小学生以下のお子さん同伴の場合に親御さん、または祖父母の方1名分の料金が無料となります。

 

きょうと子育て応援パスポートとは何ぞや?という方に、京都府のHPから説明を引用させて頂きます。

  • きょうと子育て応援パスポート事業は、子育て家庭を社会全体で応援するため、企業・店舗等、京都府、市町村が協働して取り組んでいます。
  • 子育て家庭にパスポートを発行し、協賛店舗が様々なサービスを提供することを通して、子育てを応援する取組です。
  • ステッカーが掲示された協賛店でパスポートを提示すると、各店の独自のサービスを受けることができます。

引用元:京都府「きょうと子育て応援パスポート」より

パスポートの対象となるのは、18歳未満のお子さんがいる家庭、もしくは妊娠中の方がいる家庭となっています。

入手方法は、スマホ・PC・各市区町村の窓口のいずれかで可能です(詳しくはこちら)。

 

なお、子育てパスポートは内閣府から全国共通展開の協力要請があり、他の都道府県の方も利用できるようになっているそうなのですが、利用対象外店舗があるということなので、太陽が丘のプールはあえて「きょうと子育て応援パスポートが利用できます。」と書いてあることから、京都府以外の方は使えない可能性があります

もし、他府県のご家庭と一緒に太陽が丘のプールを利用される予定の方は、念のため電話で確認してみるのが良いかと思います。

 

 

スポンサーリンク

太陽が丘のプールまとめ

待ちに待った開放となった太陽が丘のファミリプール!

予約制なので、密になる心配もなく、安心して楽しめそうですね。

プールではくれぐれもお子さんから目を離さないよう気を付けて、ご家族で楽しい夏の思い出を作ってきてくださいね^^

タイトルとURLをコピーしました